養豚場および複合施設

農場でさえ、あなたは50頭以上の豚を含むことになる小さな豚繁殖施設を建てることができます。適切な組織では、肉用の子豚の一年中の給餌は、有益な家族経営になり得ます。養豚業の方向性にもよりますが、農場は毎年投資資金から25-30%の収入を生み出し、家族に安定した仕事、質の高い豚肉、そして高い利益をもたらします。

個人トレーダーにとって収益性の高い事業

農村居住者の80%以上がアマチュア豚の飼育に従事しており、1〜3頭の子豚から成長して高品質の肉を生産しています。これは自宅では便利ですが、飼料の購入や豚の世話の費用は含まれていません。

豚の成長コストを補うためには、豚の数を増やす必要があります。そのうちのいくつかは、市場で、あるいは卸売りと小売りのネットワークで販売され、所有者に「生の」お金をもたらします。

すでに10頭以上の豚を飼育しているので、このようなミニ豚農場は収益を上げ、50頭用の豚舎の設備はあなたの家族農場を本格的な製造企業に変えるでしょう。

今日は、その要件を考慮に入れながら、豚のためのミニ農場をどのように構築するか、そしてその生産的な仕事を適切に組織する方法をお教えします。

可能な費用を事前に計算する

あなたが専門的に豚の繁殖に従事することにした場合、あなたは事業計画を立てることから始める必要があります。繁殖豚に必要なすべての経済的費用を十分に考慮に入れるべきです。

50頭の豚を飼育するために設計された養豚場の建設費用:

  • ドキュメンテーションのための25000ルーブル。
  • 豚舎の建設38万ルーブル。
  • 必要な機器の購入10万ルーブル。
  • 穀物30万ルーブルの納屋を建てる。
  • わらと干し草用の機器の保管15万ルーブル。
  • 装置は45000ルーブルを流した。
  • ガレージ8万ルーブル。
  • 50頭の豚の購入(1頭あたりの平均価格が3.5000ルーブル) - 175000ルーブル。
  • 飼料の購入(1人当たり800 kg) - 30万ルーブル。
  • 市場の場所の家賃 - 15〜2000ルーブル。
  • 豚肉配給業者への給与 - 15〜20,000ルーブル。
  • ユーティリティの支払い(12ヶ月間) - 30万ルーブル。

総経費は約1,895000ルーブルになるでしょう。

費用は、地域によって、そして既存の施設や自分で組み立てた機器の使用に関連して、かなり異なる場合があります。

養豚場で使用する予定の子豚の種類に応じて、豚の飼育や施設の清掃に使用する道具と同様に、特別な機器を購入する必要があります。

初期段階では、肥育のための子豚、あなたは購入する必要がありますので、慎重に市場に存在するすべてのオファーを確認し、あなたの価格とパフォーマンスの特性に最も適した品種の動物を選択します。

場所の選択と養豚場の規模

養豚場の建設は、敷地から15m以上離れた場所にある平地の選定から始まります。これは豚の老廃物から発生する不快な臭いからあなたとあなたの愛する人を守るのに役立ちます。

家畜規格では、各肥育豚の豚舎内に少なくとも2.5平方メートルが必要です。 m作業エリア

お金を節約し、収益性を高めるためには、それぞれが少なくとも4.5〜5平方メートルを必要とする、自分の雌豚から子豚を得る可能性を予測する必要があります。平方メートル。イノシシ製造業者にとっては、3.5平方ペンで十分です。メートル

豚舎内には、豚舎内に実用室、玄関口、区画間の通路があり、そこを通って豚の飼料や老廃物が自由に通過できるようにしなければなりません。

50の目標のための最も実用的なは250平方メートルの面積を持つ豚舎の建設です。衛生的で衛生的な基準の要件に従って装備されている必要があります。記事「ブタの建設」でもっと読んでください。

豚舎に必要な装備を装備

事業計画では、養豚場用の機器を購入する必要性を必ず考慮してください。その一部は手作業で行うことができます。

産業用機械を農場に設置することで、部屋の肥育や掃除のプロセスを単純化したり、木材、鉄筋、レンガなどの要素を使用してピグティを複数のペンに分割することができます。

手作りの工作機械や豚用のペンは、性能が工業用のものと外的に異なるだけですが、はるかに安価です。

豚舎の自動給餌または収穫ラインに設置するのが最善です。これはあなたを重い肉体労働から解放するでしょう、しかしそれは経済的観点から常に賢明ではありません。

初期段階では、トラフと農場用のトラフはスクラップ材料からの手作りの材料で作ることができ、雇われた労働者は豚の飼育と施設の清掃に使うことができます。

品種選択と獣医サポート

豚の購入は、あなたが自分の手でまたは専門家の助けを借りて豚舎の建設を完了し、飼料および養豚場に必要な機器を購入した後にのみ行われるべきです。

同じ品種の豚を飼育するのが最善です。そのような動物はうまく交配して稔性の子孫を産みます。そしてすべての子豚は強い免疫力、優れた食欲を持ち、すぐに体重が増えます。

あなたが特定の品種の豚を購入するために提供されます繁殖農場で子豚を購入する。豚はすでに最初の予防接種を受けており、さまざまな感染症に対して優れた耐性を示しています。

将来のイノシシは女性とは別に購入する必要があります。これは近親交配の豚と弱った子孫の誕生の可能性を排除するでしょう。

豚の群れにタイムリーにワクチン接種し、飼料豚に去勢する獣医師のサービスを利用する。

成熟したイノシシの筋肉には、毒性の高いスカトールの不快な匂いが活発に蓄積されているため、肉は人間の消費にはほとんど適していません。

記事「ブタの去勢について」を読んでください。

衛生基準を遵守する

獣医規制の遵守は、豚の肥育と繁殖の過程において重要な要素です。全部またはすでに完成した死体を流通ネットワークに配送するには、これらの製品の安全性を確認する文書が必要になります。

自分のために子豚の肥育中に、あなた自身のリスクとリスクで、予防接種を放棄することができれば、あなたは家畜農場で豚に予防接種をしなければなりません。

豚が入っている部屋の清潔さを常に監視し、豚舎の外側のゴミを取り除きます。

豚用の飼い葉桶やペンは、飼料の残りを蓄積するべきではありません。それらは危険な感染症の媒介者である昆虫、野生のハトおよび小さいげっ歯類を引き付けるでしょう。

糞便が給餌器や飲酒者に入るのを防ぐことは非常に重要です。豚の排泄物には、卵や蠕虫の幼虫が見られ、汚染された飼料を食べることで動物が感染する可能性があります。

記事「ブタの維持管理のための規則と規制」を読んでください。

食事療法および食事療法に続きなさい

肉用に豚を養うことはそれほど難しくありません。ブタの食生活、摂食の推奨基準を守り、高カロリー食品の食事を作るのに十分です。

トレーディングネットワークで購入した既製の飼料、または自分の経済で豚の肥育を開始して、ビタミンと微量元素を強化した混合飼料混合物の製造を確立するのが最善です。

豚は乾式混合飼料を与えるか、または挽いた穀物混合物から蒸した粥を調理することをお勧めします。

子豚を太らせるときは、脂肪の急速な蓄積に寄与する煮じゃがいもだけでなく、生野菜や根菜類を使用することができ、豚肉の味特性を改善します。優れた体重増加豚は、酵母の飼料だけでなく、プレミックス、栄養補助食品の使用を可能にします。

価格が最も低い収穫時に、穀物と複合飼料をまとめて入手する。これによりお金を節約し、農場の収益性を高めることができます。

子豚の授乳のための特別な注意

妊娠中の雌豚や乳児には特別な注意が必要です。豚の隅には摂氏30〜33度の温度を維持する必要があります。そのためには赤いランプを使用するのが最善です。

豚は全乳代替物を添加するか、飼料に飼料を加える必要があり、また穀物から小麦粉まで半流動穀物を調理する必要があります。すでに1〜1.5ヵ月齢で、ブタは母親から引き離され、徐々に成体飼料に移されます。

子豚の飼育期間(1.5〜3ヵ月)では、豚にゆでポテトを食べ過ぎないように注意する必要があります。炭水化物の過剰のために、若いブタは肥満になる可能性があり、それは彼らの健康とその後の体重増加の速度に影響を与えるでしょう。

屠殺前の期間では、豚にゆでたじゃがいもを無制限の量で供給するために追加することができます。これにより脂肪の厚さと柔らかさが増します。

子豚への給餌は、最初は1日に7回以上行い、工業的体重(6〜7ヶ月)を達成するためには、給餌器と飲酒者の給餌後、1日に3頭にする必要があります。

記事「小豚の内容」でもっと読んでください。

有能な屠殺と豚肉の販売

すでに6〜7ヶ月齢までに、豚の体重は100〜120 kgになります(豚の種類によって異なります)。屠殺場に送ることができます。各屠体からの高品質の豚肉と脂肪の生産量は約85-95 kgです。

豚肉の卸売価格は市場価格よりもはるかに低いため、豚を大型食肉加工工場に寄付して生体重を支払うことを好む人もいます。

豚舎の裏庭に豚の屠殺と伐採に適した特別な場所を設けるのが最善です。このプロセスはあなた自身で行うことができます、またはあなたはプロの養豚農家を雇うことができます。彼は肉と脂肪を手に入れる責任があります。そして、それは標準的な分類に従ってカットされて、顧客の注意を引くために見かけの外見を持ちます。

農場では小さなスモークハウスやソーセージショップを手配することができます。これにより、販売される製品の範囲が広がり、その価値が大幅に高まります。

屠殺された子豚の全死体は大量にスーパーマーケットや小さな店に手渡すことができ、服を着たものは養豚場自体からも集団農場市場からも部分的によく売られています。

豚肉の研究室での研究、税金の支払い、さらには市場での取引先の貸し出しと売り手の給料の支払いを検討するようにしてください。

原則として、ビジネスへの有能なアプローチで、養豚場の収益性は20-30%であり、あなたは6-8年で建設への投資の全収益を期待することができます。

その記事があなたにとって興味深くそして有用であったならば、クラスを入れてください。

成長している豚のあなたの家業の歴史についてのコメントを書いてください。

Загрузка...

Загрузка...

人気のカテゴリ