ウサギが巣を作るとき

通常、女性は子孫の出現に備えますが、なぜバニーが出産する前に巣を作らないのかを見てみましょう。おとりの準備の過程では、暖かい居心地の良い巣の中だけ小さなものが凍結しないので、女王のセルの配置は、妊娠中の母親の最初のケアです。小さなウサギの誕生の5日前に、妊娠している動物は本能的にその胃の上からそれ自身から綿毛を引っ張ります。女性がそのような行動を取らないなら、これは対処される必要がある問題を示します。

なぜ女性は巣を作りたくないのか

耳を傾けた動物の生活は本能に従います。赤ちゃんウサギの出生前に、妊娠中の女性は通常、特定の準備行動を実行します。ウサギが回り道のための場所を準備し始める日数を明確に理解することは重要です。

通常の妊娠過程は、動物が分娩開始の3〜5日前に巣を絶縁するために裂けるという事実によって特徴付けられます。十分な量の建築材料がある場合、女性は2-3日で巣を作ります。ウサギの家族の代表者は平均30〜31日で子孫を産むことを心に留めておくべきです。

受精後28日目に、ウサギが裂け、干し草、わらを集め、そしてこれらの材料から出産のための人里離れた巣を造るなら、このふるまいは全く普通と考えられます。

ウサギのビレットの代わりに母液をセットしました。動物がこれをしない場合には、状況を直すために直ちに措置を取るべきです。このような逸脱の理由は、次のような問題が考えられます。

  • ストレスの多い環境
  • 不適切な食事、バランスの取れた食事の欠如。
  • 低品質のネスティング材料。
  • 適切なクイーンセルがない。

繁殖ウサギを成功させるためには、そのような状況を時間内に防ぐことが重要です。上記の要因の性質の明確な理解に頼って、sukrolnyeウサギに対する効果的な支援が提供されます。

妊娠中のストレス

ほとんどの耳の動物のためのストレスとストレスを伴う子孫とokolの妊娠。若い女性ではなく、すでに動物を出産しているので、妊娠をより簡単に許容できます。不利な状況下の若い動物では、母性の本能は消えます。

何日間ウサギが巣を造るかについては、環境に直接依存しています。ストレスの多い状況のために、動物は時々早すぎる毛羽を摘採します。この物質は寄生虫や昆虫、ロールを引き付けるので、それを取り除くことをお勧めします。

動物が常に緊張している場合、中絶、流産の可能性が高まります。バニーウサギは、安全であるとは思われない場所に巣を作りません。したがって、毛羽を引き出す最初の兆候は、最も快適な拘留条件を作り出すための合図です。鋭い臭い、大きな騒音、気温の変化、通風のないことを確認してください。

細胞の洗浄は、突然の動きや攻撃的な化学物質の使用なしに慎重に行われます。検査の際には、よもぎでこすった清潔な手で動物を連れて行かなければなりません。

授乳中の女性は孤立しており、他のペットとの接触は著しく制限されています。ウサギが暖かい巣を作らなかったが出産した場合、間違ってゴミを置き忘れた場合、子孫は滅びる運命にある。この場合、赤ちゃんウサギは、経験豊富で落ち着いた、授乳中の女性の世話のもとに置かれるべきです。

問題の原因として不十分な食事

栄養失調は、妊娠中の動物の母親の本能に直接影響を与える要因の1つです。 sukrolnayaウサギが栄養素の不足を感じるなら、それは巣を作り始めません。

フルダイエットは将来の子孫と母親の健康を保証するものです。ミネラル、ビタミン、タンパク質、炭水化物の不足は動物がカブスを拒むという事実につながります。

出産の何日前に、妊娠している耳のある動物が巣に落ち着くかについて、用語が決定されます。通常1-2日です。前もって、あなたはウサギをより親切な看護師に移動させる準備をする必要があります。赤ちゃんを運んでいる間に動物を完全に摂食させるには、栄養素に加えて食事に必要なビタミンとミネラルを含まなければなりません。そのような成分の欠如は将来のウサギに直接影響を与えるでしょう。

さらに、無差別に食物が分配されると動物にストレスが生じるため、摂食は同時に定期的に行われます。同時に、飼料の量は十分であるべきであり、そしてsukrolnyh動物のためには通常の速度から1.5体積であるべきです。一方、どのような場合でもウサギを食べ過ぎることはできません。

飼料の質は妊娠中の動物の行動に影響を与えます。新鮮なジューシーな野菜、みじん切りの穀物、乾燥野菜 - 完全給餌の基礎。

熟した、凍りついた、腐った成分は、飼料の調製には使用できません。きれいな飲料水にウサギが絶えずアクセスできるようにすることが重要です。同時にそれは毎日酒飲みを洗うことをお勧めします。

巣作りのための高品質材料

記事の上でそれが言及された、ウサギが巣のための建築材料を準備して、ウールを引き下げ始めた何日の間。さらに、初心者ブリーダーは、母液の配置に適した乾いた草を選ぶことができるはずです。

適切な材料は、カビ、寄生虫のない高品質の干し草です。そのような成分が新生児の子にアレルギーを引き起こすので、ハーブの使用はお勧めできません。

ウサギがわら、干し草、そして1つの角で下に折れ始めるときの行動は、出産に近づくという合図です。 これ以降、妊娠中の動物に対する管理は強化されるべきです。また、歩き回るための快適な場所を用意する時です。

ウサギの妊娠中そしてそれがまわりにある瞬間まで、ケージを交換することはお勧めできません。ウサギはなじみのある落ち着いた雰囲気の中で出産するべきです。配達の2〜3週間前に、家をきれいにして消毒し、家兎を家兎に準備することをお勧めします。

母液のつくり方

okrolの推定時間の3-5日前に、それはわら、おがくず、干し草、コケでそれを埋める、巣箱をインストールすることをお勧めします。デザインの大きさはウサギの種類によって異なります。箱には、床から2〜3 cmの高さに円形の入り口が1つあります。

そのような母液の装置は熱を保つのを助け、そして上げられた入り口はウサギが広がるのを防ぎます。シラカバ、カシ、カエデが女王の木の生産に適していると信じられており、果樹はウサギにアレルギーを引き起こします。記事「ウサギのための女王の作り方」を読んでください。

最初から、あなたは温暖化、下書きの欠如、ウサギ「家」の快適さについて心配するべきです。そのような構造は妊娠したウサギによって積極的に認識されます。そして、それは最もしばしば保護された居心地の良い空間の中に巣を装備します。

女性が巣のための適切な場所を見つけないならば、それから彼女は彼女の綿毛を取り壊すことなく、一点で折りたたみ、わらと干し草を集めません。この場合、あなたはウサギをお腹の上に引き下げるべきで、母液の中にこの材料を広げます。シャワー中やシャワーの後に動物を邪魔したり怖がらせたりしないでください。慎重に行動してください。

Okrolプロセス

ウサギは用心深く臆病な動物で、静かで落ち着いた環境でのみ自信を持っています。このような条件は妊娠中のウサギに適しているので、合併症なく歩くことができます。これらの動物は、ほとんどの場合夜間に子を産みます。 okrolの詳細については、記事「ウサギの出生はどうですか」に記載されています。

準備が何日始まるかを考慮して、好ましい条件を作り出すとき、出産は簡単で速いです。プロセスの終わりに、産科が落ち着き、彼女の胃がなくなり、彼女の乳首が腫れます。母親は子孫を育てる準備ができています。

いくつかの耳を傾けられた小動物は若く散らばり、子孫を共有します。これはウサギが巣を作らずに出産した状況でしばしば起こります。それからそれは彼女の赤ん坊のウサギから1日まで持ち帰り、湯たんぽで若者を温めるのが良いです。赤ちゃん一人一人が温かい水で希釈された練乳を滴下することをお勧めします。

このとき女性は、活動的なウサギに植えるのが望ましいです。その後、母親は落ち着きます。あなたはウサギの乳首をマッサージし、それらにカブを置く必要があります。通常、動物は子供を受け入れます。

女性が慎重に出産の準備をしている場合もありますが、すべての予測は前向きです。それにもかかわらず、一匹のウサギは生まれません。この状況はいくつかの理由が考えられます。初めて妊娠した高齢のウサギが出産できない場合は、経験豊富な獣医師による帝王切開が必要です。これが誤った妊娠であるならば、それから鎮静煎じ薬をしてください。

あなたはウサギが巣を作る時に気づいたことがありますか?あなたが記事に興味があるなら、いいねを入れてください。

コメントをどうぞ。インターネットを介して有用な情報を共有しましょう。

Загрузка...

Загрузка...

人気のカテゴリ