農場でも家でもウサギの繁殖はどれほど有益ですか

家の中でウサギが繁殖するのが一般的になっているのは、秘密ではありません。動物の肉は食事で美味しくて柔らかいのです。ウサギは非常に豊富な動物です。大量に繁殖させることは6-12ヶ月で完済するので良い利益をもたらすでしょう。若い個人の維持にお金を稼ぐためには、事業計画を立て、収益性を計算し、品種を選択する価値があります。

はじめに知っておくべきこと

家でウサギを飼育することは、あらゆる責任を持って取り組まなければならない問題です。物質的な可能性と気候条件を考慮に入れることが必要です。

繁殖ウサギのために耳の種類を決定することです。同じ品種の動物は、地域によって異なる行動をとる可能性があります。その行動は、拘禁の状況に直接左右されます。今自家製のウサギは大規模な投資を必要としないビジネスです。

しかし、初心者のためのウサギの飼育は、農家がすぐに体重を増やし、貴重な高価な毛皮を持っている気取らない種の飼育を始めれば有益です。

ウサギ農場

ウサギを農場に立たせます。許可を得てから独立して建造しなければならない。土地区画図がある場合は、うさぎの繁殖のための事業計画を提出した後に文書を入手できます。

土地のプロットは住宅の建物から離れた場所にあるべきです(決議はウサギの工業用育種に適用されます)。農家が自分で(20頭以下)個体を育てても、問題は解決しません。

ウサギ農場は丘の上に建てられるべきです。サイトをクリアした後、コンクリート化またはアスファルト処理をする価値があります。排水システムを実行することは必須です。

活動から実質的な収入を得るために、それは記事を読む価値があります:「農場の状態でのウサギの繁殖について」。

事業分野

農家が最初から事業を計画している場合は、完成品の販売方向を選択する必要があります。

ウサギを飼育するビジネスを構築することは、いくつかの業界で可能です。最初の - 毛皮で販売されます。 2つ目は肉用ウサギの飼育です。第三 - 装飾耳の栽培。

肉用ウサギの飼育事業は非常に収益性が高く一般的です。小規模農場の約80-90%は、小売りまたは卸売りで肉を売るためだけに動物の栽培に従事しています。事業計画は、お金が投資され、その仕事が収入を生み出し始めるときに、あなたがウサギからどれだけ稼ぐことができるかを計算することです。

ビジネスとしてのウサギの成長と販売 - 良い考えは、あなたが安定した利益をもたらすであろうあなた自身のビジネスを創造することを可能にするでしょう。

農家に必要なものがすべて揃っていれば、ウサギの栽培は簡単です。まず第一に、それは肉の品種が住むケージについて考える価値があります。平均して、市場の1羽のウサギの費用は4〜5ドルです。

牛肉と鶏肉に比べてウサギの肉

食肉製品の販売に関連する事業は、非常に収益性の高い、例えば、ウサギの生産の収益性は60から80パーセントです。品質は、動物の年齢、個体の性別、肥満の3つの主な要因によって異なります。牛肉、鶏肉、ウサギのいずれの肉を市場で販売するかは農家が選択できます。それらを比較しましょう。

若い個体でウサギを売るとき、その繊細な味は注目されます。生成物は66.85%の水、9.76%の脂肪、1.17%の灰および塩、21.47%の窒素含有物質を含有する。動物の屠殺時の体重は55〜65%です。

鶏肉はウサギより少し劣っています。それは70-76%の水、18-19%の窒素含有物質、0.9-1.40%の塩と灰、1-9%の脂肪を含みます。牛肉を肉用に飼うことは、タンパク質と脂肪が豊富なので有益です。しかし、それはもっと硬いです。

さらに、小動物を飼う最も簡単な方法は、世話がしやすいので、たくさんの食べ物を必要としないことです。そのため、農家は家畜を事業として飼うためにウサギを選ぶことがよくあります。

長所と短所

家でウサギを飼育するには、市場を調べ、活動の方向性を選び、品種を理解して飼料を与える必要があります。ウサギでのビジネスには多くの利点があります。競争がないこと、課税の忠誠心、毎月の小額の費用がないことです。

事業としてのウサギの飼育は、最低でも6ヶ月間、最大で12ヶ月間の家畜の急速な成長のために実を結びます。在宅小企業は若者に適切な注意を払って安定した利益をもたらすでしょう。

家畜動物の短所は次のとおりです。

  • 限られた市場
  • 若い株の高い死亡率
  • 厳格な衛生要件があること。
  • 動物の痛み(感染症はウサギでは耐えられません)。

ある人が繁殖に従事したい場合は、この種の活動の長所と短所に注意を払う必要があります。

売上高見込み

繁殖ウサギには故意に必要です。最初にケージが購入され、農場が定住し、肥沃な品種が獲得されます。 1人の女性が年間約45〜50匹のウサギを産むので、10匹のウサギを買えば、約450〜500人の個体が365日間繁殖します。

生後4ヶ月で、耳は4-5kgの体重に達します。これは、1匹の雌ウサギが100〜120 kgの肉を売ることを意味します(彼女の生まれた個体の虐殺のため)。

その結果、1人の女性からあなたは12か月間約300-350ドルを稼ぐことができます。飼い主が肉だけでなく個人の皮も売れば、牧場は繁栄するでしょう。アナリストや専門家は、この事業が70-80%の利益があると確信しています。

さまざまな目的のための繁殖

今度は、動物が大量の肉を売るために飼うのが有益であるか、それともあなた自身のために数匹の動物を育てるのが良いかどうかを調べます。それはすべて、多くの個人が住む場所を確保することが可能かどうかにかかっています。ウサギの飼育者が20匹以上のウサギを養育するためのお金を持っているならば、販売のために肉のために若い株の一部を養うことは有利です。

人が人口全体の定期的な予防接種、高品質の食品の購入、税金の支払い(商業活動の場合)に重要な資源を費やす機会がない場合は、数匹のウサギを飼う必要があります。それはあなた自身とあなたの家族にとって肉となるでしょう。

肉に加えて、農家は家畜や毛皮の導入のためにウサギを飼育しています。ウサギの飼育者は、ケージ、関連機器、および自家製飼料の販売を通じて追加の資金を受け取ることがあります。

あなた自身のビジネスを始めなさい

あなた自身の動物飼育事業を創りたいのなら、あなたは市場を研究し、潜在的な買い手を見つけ、農場を建てるために土地を買うべきです。これらの行動の後、将来の活動を合法的に形式化することが必要です。書類作成の手続きが成功した場合は、細胞を購入する必要があります。

若い株を買う前に、干し草と乾いた上着を買いましょう。ウサギの飼育者がこれらすべての行動を完了して最初の結果を得ることに成功したとき、彼はウサギを繁殖させることが有利であるかどうかを正確に答えることができるだろうと個人的な経験によって確信します。

「初心者のための家でのウサギの飼育について」という記事の情報に精通しておくことを、経験の浅い農家にもお勧めします。

好ましい品種

彼が次の品種を買えばうさぎのブリーダーは最大の利益を得ることができるでしょう:灰色の巨人、フランドレとチンチラ。灰色の巨人の質量は6-7 kgに達する。若年者は感染症に対して抵抗性があり、女性は繁殖力があります。

人気のある品種はフランスのフランダーです。体重が多いため、この見解はギネスブックに掲載されています。家計を黒字化するには、Flandreが必要になります。

うさぎ農場の事業計画では、選択された品種を指定しなければできません。例えば、それはチンチラウサギであり得る。動物の繁殖は銀色がかった白い色合いの美しい肌のために行われます。ひなは非常に早く成長し、成人は4〜6 kgの重さがあります。

自営業と課税について

事業計画は、活動の合法的な登録なしには完了しません。個人起業家にとって有利な選択肢は、単一の農業税制への移行です。この場合、ウサギの繁殖者は受け取った年間利益の6%しか払わなければならないでしょう。

そのようなシステムに行くためには、税務署に身分証明書を持っていって声明を書くべきです。また、州の手数料を支払い、領収書を手書きの申請書に添付する必要があります。農場の運営中に生じる製品には課税されません。

個人のアルバイト農場は、村議会の登録簿に登録されています(動物の数は現在の日付で登録されています)。

在宅ビジネスの収益性

繁殖耳は最も有益な活動の一つです。少数の動物を飼育したウサギ飼育者は、貴重な毛皮、肉を売って利益を上げることができます。先に述べたように、ウサギを飼育したときの収益率は80%に達します。

農家が個人を正しく選択すれば、準備のできた事業は有益になります。動物は病気の兆候がないはずです。それは均一で明るくなるように、ウールに注意を払う必要があります。

動物を飼育するためのウサギの繁殖者は、その子孫が拘留の状況に適応できるように、生後8ヶ月のウサギを買うべきです。

売却オプションと追加収入

ウサギを飼育するための事業計画では、生きている動物、肉、毛皮の販売先を指定する必要があります。

あなたは完成品を売ることができます:

  • 卸売価格の企業
  • 精肉店
  • レストラン

もちろん、農家自身がウサギの販売に従事している場合、利益ははるかに高くなります。このためには、屋台を借りるか買う必要があります。店の所有者は肉と皮のコストを設定することができます。

ウサギ農場の事業計画では、代替収入を得る可能性について説明する必要があります。それは、皮、肥料(肥料として購入)、新鮮な動物の排泄物(豚や他の牛の飼育のために農場で購入することができる)の販売から得ることができる。

生きている個人の販売は需要があります。農家が血統動物を飼っている場合、それらは非常に高いコストで購入することができます。ブリーダーは飼料、道具、動物用の古いケージ、フィーダーを売ることができます。

居住地は、まず第一に、工業農場とは異なります。他の違いはコストが含まれています。ミニ農場に費やすお金がはるかに少ない。二つ目は家畜の数です。大規模農場では30〜40人以上が暮らしています。そして三番目は労働者です。家での動物の世話をして、この目的のために大規模な農場で1人が適切なスタッフを雇うことができます。

計画的予防接種は工業用農場で行われ、動物はバランスの取れた飼料を食べますが、これは家庭用ミニ農場ではそうではありません。ウサギはどの家庭でも繁殖中に別々の細胞に割り当てられます。

事業計画の立案と計算

ウサギの飼育事業計画には次のように記述してください

  • 生産性(条件付きデータを取りましょう - 年間60-70羽のウサギが1つのケージに住んでいます)。
  • ミニ農場の数(10)
  • 動物の寿命(3〜4ヶ月)
  • 一人当たりの飼料の量(乾物10〜15 kg、干し草8〜10 kg)。

ウサギが購入された価格も事業計画に示されています。平均して、1つは300から400ルーブルまでの費用がかかります。干し草と乾燥飼料の30キロの合計価格は450から600ルーブルです。獣医サービスは200〜400ルーブルです。支出の総額は1,200ルーブルです。

収入に関しては、あなたが2〜3 kgの重さの死体を売った場合、その利益は750〜800ルーブルになります。皮の販売から、あなたは400から15000ルーブルを得ることができます。その結果、ウサギのブリーダーは約1000-2200ルーブルを手助けすることができるでしょう。一匹の動物からの利益(純額)は150-1300ルーブルに等しい。

すべての費用を考慮に入れると、農家の収入は年間50万ルーブルになります。当初、そのような活動の収益性は50-55%を超えないでしょう、しかし売上高の増加、つながりと恒久的な販売市場で、図は80-90%に増加するでしょう。ビジネスとしてのウサギの繁殖は有益であるかどうかにかかわらず、この例は明らかに示しています。

記事がすべての質問に答えたかのように。ソーシャルネットワークで役に立つ情報を共有しましょう。

ウサギの繁殖経験と利益についてのコメントを書いてください。

Загрузка...

Загрузка...

人気のカテゴリ